2019年8月24日(土)に庄三郎丸にて、「シップスマストカップ2019レディース鮪チャレンジ」の参加者様限定で『マグロ実釣教室』が開催されました。今回はその様子をレポートいたします。

「シップスマストカップ2019レディース鮪チャレンジ」は、今年で2回目となる、女性だけのマグロ&カツオを対象魚としたチャレンジカップ。9月16日(月)の開催を控えています。現在定員を超えるチャレンジ精神あふれる女性からの申し込みがすでに入っているのだとか。
今回の『マグロ実釣教室』は、シップスマストカップに参加する方のなかから、12名の女性が参加されたとのこと。

集合場所は、本番同様「平塚・庄三郎丸」。
朝早くから集合して、早速船に乗り込み、まずはキーパーの付け方や道具の使い方からレクチャースタート。その後は今回の講師・田渕雅生さんと、ロッドクリエイターの「yacco」さんこと、小川泰子さんより基本動作のレクチャー。
参加者の眼差しも真剣です。

レクチャーの後はいよいよポイントへ出発!
ポイント到着後、キハダマグロ・カツオの反応を見つけて、釣りスタート。
大会本番に向けて、大物との格闘を体験する参加者ひとりひとりに、田渕さんとyaccoさんが船を周りレクチャー。

ちょっと風が強く、波が高くかなり厳しい状況で、ポイントをいろいろ変えて釣りをしました。カツオの反応が出たときに、ポツポツとヒット。そんな中、参加者の一名がキハダマグロをヒットさせました!

田渕さんとyaccoさんがやり取りのアドバイスをしながら上げていたのですが、いきなりすごい勢いで走られてしまい、残念ながら糸が切れてしまいました。

とはいえ、最終的には全体でカツオを3匹釣ることができたのだそう。本大会に向けた今回のイベントで、道具の使い方やカツオとマグロを狙うときの設定の違い、やり取りの仕方などを学んだ参加者のみなさん。

大会当日までのイメージトレーニングも含め、技術的なアドバイスを受けて、しっかりと準備を固められたのではないでしょうか。

「つりバナ」では、「シップスマストカップ2019レディース鮪チャレン ジ」大会本番の様子もレポートしていきます。お楽しみにお待ちくださいね。

Return Top