釣り人のアロマテラピー

トリップにも持っていける、女性のホルモンバランスを整えるトリートメントオイルのレシピ紹介

トリップにも持っていける、女性のホルモンバランスを整えるトリートメントオイルのレシピ紹介

旅行にも持っていける、女性のホルモンバランスを整えるトリートメントオイルの紹介 

こんにちは、東京目黒区でアロマテラピー&ヒーリングサロン<aroma Angelique—アロマアンジェリク>を主宰しております、英国IFA認定国際アロマセラピストの白井あゆみです。

このコラムを通じて、皆さまの快適な釣りライフと健やかな毎日のために美と健康に役立つアロマ情報をお届けします。

 

アロマセラピーとは、植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)を使って、身体や心の不調を改善していく自然療法です。

 

前回はアロマセラピーの仕組みについてお話ししました。

アロマセラピーがどんな仕組みで身体に作用していくのか?ちょっと難しかったでしょうか?

でも、香りを嗅いで心地よいと思う精油は、そのときあなたに必要な成分が含まれていることが多いものです。

 

 

自立神経のバランスが崩れると体調不良につながることは前回もお話ししましたね。

女性の場合、自律神経のバランスを崩して一番に症状が現われるのは生理、ホルモンのバランスです。

 

生理前のむくみや冷えがひどくなったり、生理痛がひどくなったり、さらには生理が止まってしまうこともあります。

 

せっかくの釣りトリップも、生理でお腹の痛みがあっては楽しめませんよね。

 

そこで、今回は生理痛を和らげるトリートメントオイルのレシピをお届けします。

●生理痛緩和のためのオイルレシピ

【用意するもの】
・ホホバオイル……………………30ml
・ゼラニウム精油………………4滴
・サイプレス精油 ……4滴
・カモミール・ローマン精油………………2滴

【作り方】
①ホホバオイルの中に全ての精油を入れよく混ぜ、日光の光を遮断するブルーや茶色の遮光瓶に保管します

②お風呂上がりの身体が温まっているときに、お腹、仙骨周り、腰に塗布し、やさしくマッサージします。

慢性的に生理痛に悩まされている方は、生理が始まる一週間前くらいから使うと生理が始まってからの痛みが緩和されます。

ホルモンバランスを整え、血流を良くして痛みとむくみを緩和します。

毎日の小さなケアで、釣りライフのクオリティもグンとアップしますよ!


今回も、コラムをご覧くださりありがとうございました。

精油は日本では雑貨扱いになっているので、アロマセラピーとして使う精油は信頼出来るアロマセラピー専門店で購入することをお勧めします。
100%天然成分であるか、品名・学名・抽出部位・抽出方法・原産国などが記載されているかをチェックしましょう。
アロマオイルという名前で売られている物は合成香料のフレグランスオイルです。
精油は植物の成分が凝縮されているものですので、原液が直接肌につかないよう注意して使用してください。
また、1歳以下の赤ちゃんには精油は使用できません、3歳以下の乳幼児は芳香浴以外の精油の使用は危険です。子供・高齢者・妊娠している方は使用量が異なり使用出来ない精油もあるので注意してください。


この記事を書いてくれた方
白井あゆみ
東京目黒区でアロマテラピー&ヒーリングサロン
「aromaAngelique—アロマアンジェリク」を主宰。

海が大好きで、週末は海友達と千葉へサーフィン&ボディボードに出かけることもある。アロマテラピー以外にも、クリスタルヒーリングやホロスコープ診断も得意とする。また、クリスタル好きが高じて本格的な彫金で天然石ジュエリー製作も行っている。丁寧なカウンセリングと、心と体の両面にフォーカスしたセラピーで顧客から絶大な信頼を得ている、多才でアクティブなセラピスト。

Return Top