釣り人のアロマテラピー

痛みケアのためのアロマセラピー vol.1

こんにちは!
東京目黒区でアロマテラピー&ヒーリングサロン<aroma Angelique—アロマアンジェリク>を主宰しております、英国IFA認定国際アロマセラピストの白井あゆみです。

このコラムを通じて、皆さまの快適な釣りライフと健やかな毎日のために美と健康に役立つアロマ情報をお届けします。
アロマセラピーとは、植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)を使って、身体や心の不調を改善していく自然療法です。

前回までの記事を見る

 

日に日に日差しの強さを感じ、日中は初夏を思わせるような爽やかな陽気になってきました。
でも、朝晩と日中の寒暖差や定期的に入れ替わる気圧などによって、意外と身体に負担がかかりやすい時期でもあります。
新しい年度が始まって、疲れが溜まってくる時期でもありますね。

規則正しい生活や、疲れを溜め込まないセルフケアで大きな不調につながらないよう気をつけたい時期です。

さて、釣りトリップへ出かけたあとや仕事で集中したあとなど、筋肉痛や肩こりなどになってしまうことがあります。
デスクでの仕事が多い方は慢性肩こりや腰痛という方もいらっしゃいますよね。
そこで今回は、アロマセラピーからの痛みへのアプローチをお届けしたいと思います。

怪我などをしたとき、その刺激は末梢神経→脊髄→脳へと伝えられ、痛みとして認識されます。近年、この痛みを感じる仕組みは感情で変化し、香りやタッチングで軽減できることが分かってきています。

不安や恐怖の感情は痛みを増幅させ、長く続く痛みは交感神経を緊張させて新たな痛みを感じさせる物質を作り出します。反して、幸福感や安心している状態では痛みは軽減していきます。お母さんに撫でられると痛みが和らぐのはこの仕組みです。

さらに、慢性的で鈍い痛みの信号は脳に伝わる速度が遅く、香りやタッチングンでコントロールしやすい傾向があり、心地よさを感じる香りやタッチングは鎮痛作用がある神経伝達物質の分泌を活性化します。
アロマセラピーで好みの香りであることが重要なのはこのためです

そこで今回は、筋肉痛と慢性的な肩こり・腰痛へのアプローチを考えていきたいと思います。

筋肉痛と肩こり・腰痛は、筋肉に乳酸などの疲労物質(老廃物)が蓄積して起こるものです。どちらも血流が滞って、血流に乗って運ばれ代謝されて排出されるべき老廃物が体内に蓄積されてしまうために起こります。

ここでアロマセラピー的なアプローチとしては、患部をリラックスさせて温め、血流を良くして老廃物の排出を助けることです。腰痛の場合はお尻から腿の裏側にも同時にアプローチすると腰の負担が軽くなります。
ストレス性の原因が考えられる場合は、精神的にリラックスさせる精油をブレンドすることも効果的です。

<疲労物質・老廃物排出のためのブレンドレシピ>
  • マジョラムスィート精油・・・4滴
  • ローズマリー・カンファー精油・・・3滴
  • ジュニパー精油・・・4滴
  • ホホバオイル・・・30ml
  • 遮光瓶

遮光瓶にホホバオイルを入れ、精油を全て入れてよく混ぜます。

使い方

身体が温まっているほうか効果が出るので、入浴後や足浴をしたあとに患部にブレンドオイルを塗布し円を描くようにマッサージします。

その他のおすすめ精油

ローズマリー・シネオール、パイン、レモングラス、サイプレス、ブラックペッパー
精神的リラックスには、イランイラン、プチグレン、ラベンダーを加えると良いでしょう。

*レシピの精油の合計滴数になるように、お好きな香りをブレンドします。

慢性的な肩こり・腰痛は常に筋肉が緊張し、血流が滞って身体を冷やしてしまいます。一日の終わりにゆっくりお風呂に浸かって、全身を温め筋肉を緩めることも大切です。また、入浴は精神的にもリラックスすることで副交感神性が優位になり、筋肉が緩んで血流促進につながります。
釣りの後などで筋肉痛になりそうなときも、同様にケアすることで老廃物の排出を促してくれますよ。

次回は炎症をともなっている痛みへのアプローチをお届けします。

 

精油は日本では雑貨扱いになっているので、アロマセラピーとして使う精油は信頼出来るアロマセラピー専門店で購入することをお勧めします。100%天然成分であるか、品名・学名・抽出部位・抽出方法・原産国などが記載されているかをチェックしましょう。
アロマオイルという名前で売られている物は合成香料のフレグランスオイルです。
精油は植物の成分が凝縮されているものですので、原液が直接肌につかないよう注意して使用してください。
また、1歳以下の赤ちゃんには精油は使用できません、3歳以下の乳幼児は芳香浴以外の精油の使用は危険です。子供・高齢者・妊娠している方は使用量が異なり使用出来ない精油もあるので注意してください。

今回も、コラムをご覧くださりありがとうございました。


この記事を書いてくれた方
白井あゆみ
東京目黒区でアロマテラピー&ヒーリングサロン
「aromaAngelique—アロマアンジェリク」主宰。

海が大好きで、週末は海友達と千葉へサーフィン&ボディボードに出かけることもある。アロマテラピー以外にも、クリスタルヒーリングやホロスコープ診断も得意とする。また、クリスタル好きが高じて本格的な彫金で天然石ジュエリー製作も行っている。丁寧なカウンセリングと、心と体の両面にフォーカスしたセラピーで顧客から絶大な信頼を得ている、多才でアクティブなセラピスト。

 

 

関連記事

  1. 新年の香り−1
  2. 冬の季節のアロマセラピー vol.02
  3. 釣り人のためのクレイを使ったボディケア&ヒーリング
  4. 女性ホルモンとアロマケア vol.1
  5. 風邪予防にアロマの手作りバーム
  6. アロマでできる日焼け後のお手入れ2
  7. アロマのもたらす香りの効果 vol.2
  8. 胃腸の働きとアロマセラピー vol.01

特集

  1. 雨の季節になる前に ー大事なウェアのお手入れ方法ー
  2. 水辺で弾けよう!機能性ハット&サンバイザー
  3. お魚アップリケのアレンジ
  4. どれが正解!?サイズ&種類・・・釣りグローブの選び方!
  5. ウエア&グッズ選びのコツ伝授 ”冬の沖釣り編”
PAGE TOP