女性ホルモンとアロマセラピー

こんにちは!
東京目黒区でアロマテラピー&ヒーリングサロン<aroma Angelique—アロマアンジェリク>を主宰しております、英国IFA認定国際アロマセラピストの白井あゆみです。

このコラムを通じて、皆さまの快適な釣りライフと健やかな毎日のために美と健康に役立つアロマ情報をお届けします。
アロマセラピーとは、植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)を使って、身体や心の不調を改善していく自然療法です。

女性の身体は周期的なホルモン分泌の変化が起こって、排卵を起こしたり月経を起こしたりしています。

このホルモン分泌の変化が、女性の体調や感情面に大きな変化を及ぼすのです。月経前に身体がむくんだり、食欲が増したりするのもホルモンの影響です。

でも、せっかくの楽しい釣りトリップの計画を、ホルモンバランスの不調で台無しにしたくないですよね。なるべく不調に感じないようにする手だてはないものでしょうか?

ホルモン分泌のコントロールは脳の視床下部という部分が司っています。
この視床下部という場所は脳の高度な部分と繋がっているため、思考・感情・環境ストレスによって影響を受けることがわかっています。
ですので、視床下部は感情の乱れやストレスによって調子が乱れ、その結果月経やホルモンバランスに悪い影響を及ぼしてしまうのです。

このようなとき、アロマセラピーは効果的な働きをしてくれます。
多くの精油はホルモン産生の正常化、リラックス、精神高揚に役立ち、症状を悪化させるストレスを緩和するのに役立ちます。

ジャスミンやローズの精油は、生殖器全体を強壮する作用があり、月経トラブルの解消にも役立ちます。
また、クラリセージやゼラニウムの精油は、緊張をほぐしてリラックスさせ、ホルモンバランスの回復に役立ちます。

月経前後の不快な症状緩和に、アロマセラピーを取り入れたセルフケアも有効ですよ。

次回は、月経時の不調を改善するアロマセラピーによるセルフケアの方法をお届けします。

次回は、シミ予防のためのターンオーバーを促すケアのお話です。

精油は日本では雑貨扱いになっているので、アロマセラピーとして使う精油は信頼出来るアロマセラピー専門店で購入することをお勧めします。100%天然成分であるか、品名・学名・抽出部位・抽出方法・原産国などが記載されているかをチェックしましょう。

 



この記事を書いてくれた方

白井あゆみ
東京目黒区でアロマテラピー&ヒーリングサロン
「aromaAngelique—アロマアンジェリク」を主宰。

 

海が大好きで、週末は海友達と千葉へサーフィン&ボディボードに出かけることもある。
アロマテラピー以外にも、クリスタルヒーリングやホロスコープ診断も得意とする。
また、クリスタル好きが高じて本格的な彫金で天然石ジュエリー製作も行っている。
丁寧なカウンセリングと、心と体の両面にフォーカスしたセラピーで顧客から絶大な信頼を得ている、多才でアクティブなセラピスト。

Return Top