リンパとアロマセラピー vol.1

こんにちは!
東京目黒区でアロマテラピー&ヒーリングサロン<aroma Angelique—アロマアンジェリク>を主宰しております、英国IFA認定国際アロマセラピストの白井あゆみです。

このコラムを通じて、皆さまの快適な釣りライフと健やかな毎日のために美と健康に役立つアロマ情報をお届けします。
アロマセラピーとは、植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)を使って、身体や心の不調を改善していく自然療法です。

暑さがだんだんと和らぎアウトドアレジャーにうってつけの季節、釣りに出かけるのも楽しい時期ですね!

まだまだ続く残暑のなか冷房の中にいる時間が長かったり、釣りに集中して同じ姿勢でいる時間が長かったりすると身体が怠くなったり脚がむくんだりしやすくなります。
そこで今回は、リンパの流れとアロマセラピーについてお話ししていきます。

リンパとは、動脈を通った血液が細胞に酸素と栄養分を届け、細胞から二酸化炭素と老廃物を運んで戻ってくる流れの一つです。心臓に戻って来る時は静脈血とリンパに分かれて戻ってきます。

リンパでは、静脈に入らなかったウィルスなどの異物も運ばれ、リンパ節などで濾過されて身体を浄化しています。
ですから、リンパの流れが滞ってしまうと身体の中の老廃物や異物が浄化されにくくなってしまうのです。

そして、リンパの流れには心臓のようなポンプがないので、筋肉の収縮によってゆっくりと戻ってきます。このとき主にリンパの流れを刺激するのは、ふくらはぎの筋肉と呼吸に使う筋肉です。

リンパには、浅いところを通っているものと、身体の深いところを通っているリンパがあり、深いところを流れるリンパの流れは、深呼吸をして呼吸筋を動かすことで活性化され、浅いところを通るリンパは皮膚の表面を撫でることでリンパの流れが活性化します。
優しく撫でるだけでもリンパの流れは活性化しますが、さらに循環を良くするブレンドの精油をブレンドしたオイルでマッサージすることで、むくみを解消しリンパの流れを活性化することができるのです。

次回は、リンパの流れを活性化しむくみを緩和するマッサージオイルのレシピをお届けします。

精油は日本では雑貨扱いになっているので、アロマセラピーとして使う精油は信頼出来るアロマセラピー専門店で購入することをお勧めします。100%天然成分であるか、品名・学名・抽出部位・抽出方法・原産国などが記載されているかをチェックしましょう。アロマオイルという名前で売られている物は合成香料のフレグランスオイルです。精油は植物の成分が凝縮されているものですので、原液が直接肌につかないよう注意して使用してください。また、1歳以下の赤ちゃんには精油は使用できません、3歳以下の乳幼児は芳香浴以外の精油の使用は危険です。子供・高齢者・妊娠している方は使用量が異なり使用出来ない精油もあるので注意してください。



この記事を書いてくれた方

白井あゆみ
東京目黒区でアロマテラピー&ヒーリングサロン
「aromaAngelique—アロマアンジェリク」主宰。

 

海が大好きで、週末は海友達と千葉へサーフィン&ボディボードに出かけることもある。アロマテラピー以外にも、クリスタルヒーリングやホロスコープ診断も得意とする。また、クリスタル好きが高じて本格的な彫金で天然石ジュエリー製作も行っている。丁寧なカウンセリングと、心と体の両面にフォーカスしたセラピーで顧客から絶大な信頼を得ている、多才でアクティブなセラピスト。

Return Top