釣り人のアロマテラピー

アロマセラピーの仕組み

アロマセラピーの仕組み

こんにちは、東京目黒区でアロマテラピー&ヒーリングサロン<aroma Angelique—アロマアンジェリク>を主宰しております、英国IFA認定国際アロマセラピストの白井あゆみです。

このコラムを通じて、皆さまの快適な釣りライフと健やかな毎日のために美と健康に役立つアロマ情報をお届けします。

アロマセラピーとは、植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)を使って、身体や心の不調を改善していく自然療法です。

桜の便りも届き、すっかり春らしくなってきましたね!

でも、春は気温や天気がめまぐるしく変わり、体調不良を感じやすい季節でもあります。

せっかくの釣りの計画も体調が万全でないと楽しめませんよね。

そんな時こそ、アロマセラピーの出番です。

そこで今回は、アロマセラピーの仕組みについてお話ししましょう。

アロマセラピーって、どういう仕組みで体調を整えるのでしょう?

書籍などでは精油の効果として、冷え改善や痛みの緩和、生理痛の緩和など記載されています。

実際、それぞれの精油の成分を化学的に分析して行くと、漢方やハーブ療法にも使われる科学成分が含まれていて、市販薬にも使われている成分も含まれています。

それぞれの化学成分のグループごとに得意な分野があり、身体の循環を促進するもの、老廃物を排出しやすくするもの、痛みを緩和させるもの、ホルモンのバランスをとるもの、免疫調整をするものなどなど、たくさんの化学成分とその効果があります。

その化学成分が何種類も組み合わされて、一つの精油となり香りを形作っているのです。

アロマセラピーの特徴である<香り>も身体のバランスをとる重要な要素で、嗅覚から神経に伝わってその作用を及ぼすのですが、嗅覚は人間の五感のなかで、唯一理性を介さずに直接脳に働きかける感覚なのです。

ですから、知らず知らずに神経を使ってストレスを抱え込んでいるタイプの方も、精油の香りを嗅ぐだけで一気にリラックスモードにスイッチします。

そしてさらにトリートメントをして身体の表面に触れることで、自立神経のバランスを改善していくのがアロマセラピーの仕組みです。

その化学成分が何種類も組み合わされて、一つの精油となり香りを形作っているのです。

人間の身体は、自律神経という自動的に身体のバランスを整えてくれる神経によって、免疫・ホルモン・神経の調整をおこなっています。
ですから、いつも健康でいるためには自律神経のバランスをベストな状態に保つことが重要になってきます。

簡単に言うと、オンとオフのバランスです。

そうはいっても、現代のめまぐるしい忙しさの社会ではなかなか自立神経のバランスを保つことは難しいですね。そこで、日常の中の小さなアンバランスを日々ベストに近いところへ戻してあげることができるのがアロマセラピーを利用したセルフケアです。

セルフケアといっても、難しく考えることはありません。天然塩に精油を混ぜて入浴剤として楽しんだり、お部屋で精油を焚いて香りを楽しんだりすることでアンバランスになった自律神経を自然に元の状態にもどす手助けができるのです。病院にいくほどではないけど、なんとなく不調。。。そんな不調を未然に防いで、楽しい釣りを思い切り楽しみましょう!

次回は、生理の時の辛い症状を緩和するオイルのレシピをお届けします。今回も、コラムをご覧くださりありがとうございました。

精油は日本では雑貨扱いになっているので、アロマセラピーとして使う精油は信頼出来るアロマセラピー専門店で購入することをお勧めします。100%天然成分であるか、品名・学名・抽出部位・抽出方法・原産国などが記載されているかをチェックしましょう。アロマオイルという名前で売られている物は合成香料のフレグランスオイルです。精油は植物の成分が凝縮されているものですので、原液が直接肌につかないよう注意して使用してください。また、1歳以下の赤ちゃんには精油は使用できません、3歳以下の乳幼児は芳香浴以外の精油の使用は危険です。子供・高齢者・妊娠している方は使用量が異なり使用出来ない精油もあるので注意してください。



この記事を書いてくれた方

白井あゆみ
東京目黒区でアロマテラピー&ヒーリングサロン
「aromaAngelique—アロマアンジェリク」主宰。

 

海が大好きで、週末は海友達と千葉へサーフィン&ボディボードに出かけることもある。アロマテラピー以外にも、クリスタルヒーリングやホロスコープ診断も得意とする。また、クリスタル好きが高じて本格的な彫金で天然石ジュエリー製作も行っている。丁寧なカウンセリングと、心と体の両面にフォーカスしたセラピーで顧客から絶大な信頼を得ている、多才でアクティブなセラピスト。

Return Top