釣り人のアロマテラピー

アロマで夏の疲れ対策_1

アロマで夏の疲れ対策_1

こんにちは!
東京目黒区でアロマテラピー&ヒーリングサロン<aroma Angelique—アロマアンジェリク>を主宰しております、英国IFA認定国際アロマセラピストの白井あゆみです。

このコラムを通じて、皆さまの快適な釣りライフと健やかな毎日のために美と健康に役立つアロマ情報をお届けします。
アロマセラピーとは、植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)を使って、身体や心の不調を改善していく自然療法です。

今年の梅雨は例年になく長梅雨となりましたが、曇り空から時折のぞく青空に梅雨明けが近いことを感じます。
なかなか太陽が顔を見せてくれず、夏の日差しが恋しい気持ちになりますね。

しかし、いったん梅雨があけたら本格的に暑い季節がやってくるので、太陽のもとでの釣りの暑さに負けない体力作りにも気をつけたいところです。


今年は新型コロナウィルスの影響もあり、免疫力にもスポットが当たっていますね。
人は、日中の活動でダメージを受けた細胞の修復を眠っている間にしているので、良い睡眠をとることは思っている以上に大切なことなのです。

また、睡眠が不足すると自律神経やホルモンの調節機能が崩れてしまい、免疫力が低下して身体の不調につながっていきます。
消化吸収を担う胃腸の働きも、十分な睡眠がなければ弱まってしまい、十分な栄養が吸収できなくなってしまいます。
健康のためにサプリメントを摂るよりも、十分な睡眠をとることで身体の不調を防ぎ、美容にも良い効果があるのです。

とはいえ、多忙な毎日でそのサイクルを一定に保っていくのはなかなか難しいかも知れません。できるだけ24時前に眠りにつくとか、眠る前の一時間はスマホから離れるとか、できることから始めると習慣になりやすいと思います。

これからやってくる暑い夏にも思い切り釣りトリップを楽しむために、快適な睡眠のサイクルを整えていきたいですね。

スムーズに眠りにつくためには、活動している間に高まっている交感神経を副交感神経にスイッチしていくことが必要です。
アロマセラピーで使う精油には、交感神経を鎮めて副交感神経を優位にするサポートをしてくれるものがあり、香りは嗅覚から脳神経に伝わってその効果を発揮します。

そこで今回は、精油を使った快眠へ導くピローミストのレシピをご紹介します。

● ピローミストのレシピ

【材料】

  •  無水エタノール・・・10ml
  • 精製水・・・40ml
  • ラベンダー精油・・・4滴
  • スィートマジョラム精油・・・3滴
  • ローズマリー精油・・・3滴
  • ジュニパー精油・・・2滴
  • スペアミント精油・・・2滴
  • ライム精油・・・3滴
  • ユーカリ精油・・・3滴
  • 50mlの遮光スプレー瓶

【作り方】

無水エタノールをスプレー瓶に入れて精油を加えてよく混ぜ、精製水を加えて出来上がりです。
スプレーする前に良く振ってから使いましょう。

交感神経を鎮静するハーバルな香りと、スペアミントの清涼感を感じるスプレーです。

眠る前に枕やベッドルームにスプレーして香りを楽しみながらスムーズな入眠にスイッチしていきましょう。


次回は、疲労回復を助けるハーブのお話をお届けします。

精油は日本では雑貨扱いになっているので、アロマセラピーとして使う精油は信頼出来るアロマセラピー専門店で購入することをお勧めします。100%天然成分であるか、品名・学名・抽出部位・抽出方法・原産国などが記載されているかをチェックしましょう。
アロマオイルという名前で売られている物は合成香料のフレグランスオイルです。
精油は植物の成分が凝縮されているものですので、原液が直接肌につかないよう注意して使用してください。
また、1歳以下の赤ちゃんには精油は使用できません、3歳以下の乳幼児は芳香浴以外の精油の使用は危険です。子供・高齢者・妊娠している方は使用量が異なり使用出来ない精油もあるので注意してください。

今回も、コラムをご覧くださりありがとうございました。



この記事を書いてくれた方

白井あゆみ
東京目黒区でアロマテラピー&ヒーリングサロン
「aromaAngelique—アロマアンジェリク」主宰。

 

海が大好きで、週末は海友達と千葉へサーフィン&ボディボードに出かけることもある。アロマテラピー以外にも、クリスタルヒーリングやホロスコープ診断も得意とする。また、クリスタル好きが高じて本格的な彫金で天然石ジュエリー製作も行っている。丁寧なカウンセリングと、心と体の両面にフォーカスしたセラピーで顧客から絶大な信頼を得ている、多才でアクティブなセラピスト。

Return Top